記憶力アップ

  • 2009/03/13(金) 12:12:50

若い頃は、ちょっとしたことでも覚えていたことが、

年をとると、思い出せなくなります。

部屋に入って部屋の鍵をちょっと置いたのですが、どこに置いたか思い出せないとか、

用事があって別の部屋に行くのですが、

部屋に着いたら何しに来たのか忘れてしまっていたりします。

仕方なく、元の部屋に戻ると、思い出したりもします。


年齢による物忘れですが、

意識して、頭を使うことが少なくなって、

普段の脳や気持ちを動かすことが減少することに、

原因があるようです。




詳しくは、こちらの右脳記憶術をご覧ください。



.

脳トレ

  • 2009/03/12(木) 12:14:33

記憶力が低下するのは、

日頃の生活で、興味や関心が少なくなり、感情の動きが減るのも、原因の一つです。

若いときは、いろんなことに興味があり、いろいろ試したりしますが、

年とともに、責任が増し、無難に済ますことが多くなると、

興味が低下し、楽しいことやうれしいことも少なくなります。


人の行動は、感情によって強く影響されますので、

些細なことでもいいので、喜んだり、楽しんだり、笑ったりすることが大事です。


また、脳トレなどで、頭を使うこともいいようです。

記憶術記憶法暗記術などで、鍛えれば忘れることも少なくなります。



詳しくは、こちらの右脳記憶術をご覧ください。

ストレス

  • 2009/03/11(水) 12:15:05

また、記憶は、ストレスが加わると低下してしまいます。

ストレスに対応するために、体や心が反応して強い緊張をもたらしますので、

関連すること以外は、心の外に追い出されてしまい、

覚えることが低下します。



ストレスを和らげるには、お風呂や音楽などでリラックスるするとともに、

運動することも役に立ちます。


また、運動すると、脳の血流も増えますので、

記憶力、暗記力 が高まります。


詳しくは、こちらの右脳記憶術をご覧ください。


.

右脳の活性化

  • 2009/03/10(火) 18:26:54


年とともに、物忘れがひどくなりますが、

興味や関心が減り野が原因ですが、

このために、頭・脳を使うことが少なくなります。

使わなくなることが、直接の原因になっていますので、

できるだけ使うようにします。



数年前に、円周率10万桁を暗誦したとニュースが流れまいたが、

この人は、その時62歳でした。

使えば、鍛えられるものなのです。


人の脳は、右脳と左脳の半球からなり、脳梁という神経線維でつながっています。

右脳と左脳は、直感や創造性、イメージ思考などで、

左脳の働きは、言語や論理的思考などを行っています。


10万桁の円周率を覚え人は、数字を文字に変換し、

語呂を合わせて、ストーリーを作り、イメージにして覚えたそうです。



記憶力アップには、イメージ化することで、

右脳を開発し、

右脳が活性化して、忘れにくくなります。


詳しくは、こちらの右脳記憶術をご覧ください。


.

右脳ゲーム

  • 2009/03/09(月) 18:27:46


右脳を活性化するには、

イメージを描く訓練のイメージトレーニングが、簡単でどこでもやれます。

目の前の景色や部屋の様子を、数秒間目に焼き付けてから、

目を閉じ、何がどこにあったか思い出す練習です。



そのほかには、任天堂DSやソニーPSなどのゲーム機で動く右脳ゲームがあります。

画面の指示に従って、プレイすることで、右脳を鍛えるゲームになっています。

画面の絵やパターンをイメージとして覚えて、間違いやパターンを探すゲームで、

自然と、右脳のトレーニングになります。



また、右脳左脳占い右脳左脳診断など、右脳左脳の特性を使った血液型占いのような性格判断もあり、楽しめます。



子供の右脳教育には、右脳キッズ向けゲームとして、右脳の達人ゲーム

七田式右脳を鍛えるゲームなどがあり、

熱心に子供が遊ぶそうです。



詳しくは、こちらの右脳記憶術をご覧ください。


.